たかっさんのビリオネアマインド

暗号通貨を中心にお金の増やし方の紹介ブログです。 投資は自己責任でお願いします。

カルダノエイダが中国参入

カルダノADAが中国参入

 

 

2018年当初四半期の暗号通貨下げ相場は完全に終焉を迎えた。もはや危機感は過ぎ去り、多くの暗号通貨プロジェクトは、くっきりと回復再開の顔を表し始めた。これを完遂させる後押しするかのように、中国の主要取引所houbiが近々カルダノエイダの取り引きが取り引きが自身の取引所にてみられることだろうと発表した。

時価総額トップの1つに位置付けられるコインであるカルダノは、まだ不安定な位置付けにある。

というのは、カルダノの最終目標が多くの既存のブロックチェーンを使ったりものに比べグレードアップしたものを提供することにあるからである。しかしながら、そこに到達するには時間が必要なのである。

この発表をうけ、市場はこれが期待できるものとして、ほぼ例外なく肯定的に受け入れた。カルダノエイダは、今月の水準でその価値を2倍近く上昇させた。この公開とマーケット全体のポジティブな流れを受け、カルダノは結果として今まさに最近のトレンド通貨の1つに躍り出た。カルダノは完璧なものへの移行を目標にしている為、このトレンドは継続していくと思われる。

houbi exchange

houbiは最大取引所、それは世界で2番目に位置付けされる中国の暗号通貨取引所である。

米ドル換算10億ドル越えのhoubiは主要な取引所と認識されており、ここにカルダノが姿を現わすと言うことは暗号通貨を学問として評価されたと同じ意味をなし非常に好ましいことである。

中国のマーケットが西洋のコインと位置付けされるカルダノを存在させ続けるかどうかはともかくとして、喜ばしいニュースとして見守っていきたいと切に願うばかりである。

初期の値動きは、カルダノがhoubiの中で確立した立ち位置に君臨するに

なんの問題もないのとを示唆している。

中国のブロックチェーンを取り巻く環境は伝統的なビジネス空間のなかあは悪評が知れ渡るほどに閉鎖的である。

NEOそしてDNTのような中国産であるブロックチェーンプロジェクトは僅かな異論があるだけである。

その一方、政府が掌握できない分散型の取引所には疑念の目が向けられている。中国の思考傾向はしばしば黒か白かの考えでチャートの振り幅が決まる。

houbiにカルダノが含まれたことはエイダが以前よりも少しだけ守られている状態であると考えられる。というのは、この振り幅は現状、中国政府が暗号通貨取り引きを完全に禁止するという状況から回避できるかどうかにより

遺憾ながら過去にしばしばこの影響によるかなりの値動きを経験しているのである。

カルダノの簡略歴史

他のブロックチェーンプロジェクトと異なりカルダノ開発は学問的分野での、つまり同領域、専門家達による判断などの過程をクリアし、尚且つ同等の規律を求めることに焦点を当てている。

この会議は、高度な研究機関の評議会に匹敵するほど練り込まれている。いわゆる研究機関でのプロジェクトと同様にカルダノの最終目標は、一個の暗号通貨としての存在のみには留まらない。むしろ、エイダなカルダノブロックチェーンプロトコル開発の為の資金を調達する手段としての位置付けなのである。理想の開発ソフトウェアはエイダとタッグした自社開発ブランドとして確立され分散型アプリケーションを可能にする。

カルダノADAの成功は、より強固になったイーサリアムブロックチェーンにも

引けを取らない立ち位置となることは明白であろう。

カルダノロードマップは利点がある。例えば、それらの役割分担はイーサリアムの単体層としての存在より非常に機能的であることを念頭に置いている。スマートコントラクトは単体層からの解放として使用されることが可能になるだろう。それは決済層と伴うものとして直結して働く。

しかも、トランザクションスピードの低下は伴わない。ブロックチェーンの厳戒なコントロールシステムは、これらのフォーク手順経由が基本単位モジュールとして受容するのである。

これらにより組織内での分離の危険性がない。

我々は、ビットコインビットコインキャッシュイーサリアムイーサリアムクラッシックでみられた問題を目にしてきている。カルダノのフォーク機能の強みはこれらを統括できているところである。そして修正されたスケラビリティは、問題を解決し、カルダノは力を発揮していくのである。

バイナンスでのカルダノ取り引きペア表明

バイナンスは、houbiニュースと並行して独自の取り引き上でカルダノの追加取り引きペアを行うだろうと発表した。

既にビットコインイーサリアムペアで取り引きされているがカルダノはテザーとバイナンスコイン両方でのトレードが可能である。これは、カルダノにとって非常に大きい意義をもたらしたのである。通貨の流動性への影響のみならず、これらの取り引きペアの追加という同時アナウンスは、カルダノがいかに重要か認知されたのである。

それは、プロジェクトの未来がバイナンスにより、高い取り引き高となる予兆とゆるぎない信念を持つ通貨という両方の側面を暗示されることとなった。

カルダノの学術的未来

カルダノの独自のスマートコントラクト層が公開されるとブロックチェーンは、超有力なイーサリアムとダイレクトに競合していくことが可能になるだろう。

イーサリアムは、トランザクションの速度の遅さと増え続け高い手数料がかかるという問題に直面している。この状況は、頭を抱える問題点なのは周知の事実である。

これがカルダノが解決できるかどうかは今のところなんとも言えないが

直近のニュースをみていけば、おのずと答えは出るだろう。おそらく、その可能性が日々高くなっていると思われる。

我々は、我々が知る情報をいち早く更新していくつもりです。そして、最新のエイダの状態についてはテレグラムを活用してください!

免責事項

この資料は投資勧誘を目的としたものではありません。グローバルコインレポート及びそこに関係した暗号通貨通貨母体により作成されています。そして、彼らの所有する投資トークンは経時てきに勿論変化します。どうか暗号通貨投資する前に、独自に調査を詳細に行い我々の免責事項をしっかりと確認し読んでください。

提供元

マイケルレビンクラーク

フリッカー

⚠️まみさんの翻訳記事の二次利用はご遠慮ください。

引用元

https://globalcoinreport.com/cardano-ada-making-inroads-to-china/

記事最下部にSNSシェアボタンを配置しております‼️ポッちっとして頂けると嬉しいです😁

翻訳:まみさん

日本語対応の世界第2位の取引所でADAを取引できます

https://www.huobipro.com/ja-jp/topic/invited/?invite_code=29m53

口座開設記事

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/2018/04/18/post-610/

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc

たかっさんLINE

友だち追加

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本ブログ記事及び本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が日本語対応仮想通貨取引所Huobi(フオビ)に上場したので口座開設やってみた

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が

日本語対応仮想通貨取引所Huobi(フオビ)に

上場したので口座開設やってみた‼️

日本語対応していてADAが取り扱い開始っということで、口座開設するこ

とをお勧めします。

取引高が世界第2位の取引所で取り扱い銘柄は100種類以上である

取引手数料も一律0.2%でHuobi Token(HT)という独自通貨も発行してい

て、Huobi Token(HT)を使うと手数料が50%OFFになる

セキュリティーも非常に高くて安心して使える‼️

⬅︎ QRコードからでもOK

安心安全のURL→https://www.huobipro.com/ja-jp/topic/invited/?invite_code=29m53

 

 

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc

たかっさんLINE

友だち追加

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

 

 

カルダノハブ週間技術レポートの内容にチャレンジしてみた

カルダノハブ週間技術レポートより記事抜粋

DAEDALUS

Last week the team finished the paper wallet certificate generator feature. The code was reviewed, the feature was thoroughly tested and the audit process is under way. The team participated in the QA testing phase and the preparation of the Daedalus 0.9.1 and Cardano 1.1.1 hotfix release. There is a substantial list of UI/UX improvements and minor bug fixes which were resolved and will be released with the next release. The team also started with the development of the next big feature which is the asynchronous wallet restoration.

WALLET BACKEND

The team concentrated on decommissioning the Cardano-SL-1.0- exchanges branch. There were unexpected errors in the previous migration plan, which was tracked down with the with-explorer. Apparently, a compile time flag unintentionally enabled in the new environment. An updated migration plan has been documented. This will disable the flag to reflect how the previous stack-based build worked. The team plans to start migration in the latter part of this week or early next week. The team also worked to write and validate formal specification for the new wallet backend. Further progress on the specification has been made. All the aspects of the rollback have now been documented in detail, definitions and corresponding proofs are also much cleaner. A senior engineer has done a first review of the new sections. Additionally, a section has been added for tracking metadata, which is needed for history tracking. However, this has only just been completed and is pending review at. In an effort to implement wallet backend’s new data layer following its formal spec: Further progress has been made on (CSL-2382) – Implementing “pure” data layer for passive wallet, despite that the pull request (PR) is not ready yet. However, the design is ready, tests are hooked up to the generator. Currently, tests are failing and the team is debugging the issue. A team member has started looking at the new wallet from the point of view of running it in an actual network. He discovered some strange values reported from the server, and has got to the bottom of that. In the task of adding a server side Transport Layer Security (TLS) check, the Development / Testing certificates in scripts/tls-files have been updated, and a client certificate has been added for testing. The servers-side checks now include client’s name verification (information embedded in the client’s certificate, matching against values provided to cardano-node via the Command Line Interface (CLI), default to “Daedalus Wallet”). Certificates are generated from a script located on the Daedalus repository. This script has been slightly adjusted and a PR will be issued soon to cover the changes. End-user documentation extension has been submitted to describe the required manipulation of generating and using new certificates. Also, a pull request has been opened for the task of asynchronous restoration of a wallet from seed. This PR will not need to be reviewed by the development team. Front end team work is also

required on this PR. Finally, the task of merging remedial work from the master to develop branch has been successfully completed.

 

 

 

 

ダイダロス

先週、(開発)チームはペーパーウォレットの証明書の生成機能(の工程)を終了した。コードを検討し、機能を徹底的に検査し、現在は監査過程の段階にある。チームは質疑応答のテストフェーズおよびダイダロス0.9.1とカルダノ1.1.1のホットフィックスのリリースの準備に参加した。UX/UI(ユーザーエクスペリエンス/ユーザーインターフェイス)の改善点と解決済みの軽度のバグの修正点が相当数挙げられており、次のリリースとともに発表される。このほか、チームは非同期式のウォレットの復元という次の大きな機能の開発を開始した。

ウォレットバックエンド

チームは、Cardano-SL-1.0-交換ブランチの廃止に注力した。以前の移行計画のなかで予期せぬエラーがウィズエクスプローラーによって突き止められ、意図せずして、新たな環境で1つのコンパイルタイムフラグが有効となったことは明らかであった。最新の移行計画が文書化され、これによってそのフラグが無効となり、以前のスタックベースの構造がどのように機能していたかを反映できるようになる。チームは今週後半か週明けに移行をスタートする予定である。このほか、チームは次のウォレットバックエンドに向けて正式な規格を書き出して検証することに取り組んでおり、その規格については進捗している。現時点ではロールバックのあらゆる側面が詳細に文書化されており、定義と対応する証拠もかなり明確になっている。新たな項目は最初にシニアエンジニアが検討し、さらに履歴の追跡に必要なメタデータの追跡に関する項目が追加された。しかし、これはただ終了したというだけであって、まだ再検討の余地がある。正式な規格に続き、ウォレットバックエンドの新たなデータ層の実装に取り組むなかで、passive wallet(受動ウォレット?)の「ピュア」データ層の実装(CSL-2382)に関しては進捗があったが、プルリクエスト(PR)の準備はまだできていない。しかし、設計は準備できており、テストのためジェネレータに接続を試みている。現時点では、テストは成功しておらず、チームはこの問題のバグを修正している。あるチームメンバーが、実際のネットワークでの操作という観点からこの新しいウォレットを検討し始めた。そのメンバーは、サーバーからの報告によりおかしな数値をいくつか発見し、その根底にある問題を突き止めた。サーバー側のトランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)のチェック機能を追加する業務のなかで、スクリプト/TLSファイルの開発/検査証明書が更新され、検査に関してはクライアント証明書が追加された。現在、サーバー側のチェック機能には、クライアントの名前の検証機能(「ダイダロスウォレット」のデフォルトであるコマンドラインインターフェイスCLI)を介してカルダノノードに入力された数値と合致しているクライアント証明書に埋め込まれた情報)が備わっている。

証明書はダイダロスリポジトリスクリプトから生成される。このスクリプトは若干、調節されており、変更箇所を保護するため、すぐにプルリクエスト(PR)が発行される。新しい証明書の生成と使用に必要な操作を記載するため、エンドユーザードキュメンテーションの拡張子が投入された。また、シードからのウォレットの非同期式の復元のためプルリクエスト(PR)が開かれている。このプルリクエスト(PR)は開発チームによる見直しを必要としない。このプルリクエスト(PR)については、フロントエンドでのチームワークも必要である。最後に、マスターから開発ブランチへマージする補修作業は成功裏に終了している。

⚠️渡辺さんの翻訳記事の二次利用はご遠慮ください。

引用元

https://www.cardano.org/en/weekly-technical-reports/

記事最下部にSNSシェアボタンを配置しております‼️ポッちっとして頂けると嬉しいです😁

翻訳:渡辺水華さん

https://www.youtube.com/channel/UCCLHMbftUgCjIcQiKeaYG6A

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc

たかっさんLINE

友だち追加

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

 

カルダノADA海外ブログ記事の紹介

おはようございます😃

以下引用元URL


以下、一部グーグル翻訳

CEO、チャールズ・ホスキンソンは最近、彼らの進歩と範囲についてコメントしました。彼は言った:

すべてのADA保有者に良いニュース

おそらく、プロジェクトの中で最も魅力的な部分は、Shellyの迫ったリリースだろう。ロードマップマイルストーンのこの部分は、多数のワークストリームと社会プロセスを網羅しています。このリリースは、集中化の側面を取り除きたいという願いのもとに構築されており、ユーザコミュニティにネットワーク制御を提供します。

これを達成するために、チームは多くの作業を行い、定期的にアップデートや新リリースを提供しています。 Q3以降、より多くの地方分権化機能がコミュニティに公開される前に、テストネットを通して公開される予定です。


Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc


たかっさんLINE

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

【免責】投資は自己責任でお願いします【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

カルダノ(ADA)、ここで記録更新か – CNBCアナリスト、ブライアン・ケリー氏による分析

カルダノ(ADA)、ここで記録更新か – CNBCアナリスト、ブライアン・ケリー氏による分析

カルダノ(ADA– 暗号通貨の発展と用途の拡大に伴って、消費者は各々のコインとそのコインがもたらしてくれるものに注目する。なかでも実世界にソリューションをもたらしてくれるコインが好まれている。カルダノはそんなコインの1つであり、そのグローバルな魅力はビットコインイーサリアムにとって脅威になりつつある。

CNBCによれば、投資企業BKCM LLC創始者、ブライアン・ケリー氏は、カルダノが今にもブレイクするであろうと予測する。1つには、開発者チームがブロックチェーン技術のあらゆる経験を備えており、カルダノ(ADA)が投資家たちにもたらすリスクリワードが大きいという意味で、カルダノがイーサリアムの最も大きな競合であるという点が挙げられる。

「数々のデジタルコインが底を打ち、根底を支えるブロックチェーン技術が驚くほどのリスクリワードを提供することを踏まえると、昨年のことなどあってないような話です。いわば、ある男が新しいFacebookを起ち上げる見込みがあるとすれば、今年はCiscoがそれをやると言っているようなものだと思います。(仮訳です。何かの比喩のようです。)」

ブライアン・ケリー氏は、2018年はイーサリアムの競合たちの年であると語り、インフラという観点からはカルダノを(その1例として)選んでいる。カルダノブロックチェーンの開発チームは、仮想通貨市場では誰もが関わりたいと思う最高のプログラミング手腕を用いている。

未来の暗号通貨を阻むもの

カルダノプラットフォームでは、スマートコントラクトを展開することができ、このことがここ2週間、価格が安定していた理由の1つとなっているに違いない。ADAコインはドル建てで12.67%BTC建てで12.69%価格を上げ、現在は0.174831ドルで取引されている。ADAは少なくとも第二四半期の間は見通しが明るく、しばらくこの傾向を維持したのち、上昇傾向が強まるであろう。

現在、このプラットフォームを採用せんとする者は、ADAの価格ではなく、適所にあるそのインフラに注目している。今現在ではなく、将来、ADAに競争力をもたらす構造を備えているのである。カルダノ(ADA)のこれまでのデータを振り返ってみると、第二四半期はコインのパフォーマンスが常に良好であり、この傾向は2012年以来、維持されてきた。

2018年から2020年にかけてのカルダノ価格予想

ADAは、今日、市場で最も利益を生むコインであると言われている。第二四半期末までにはムーンへ行き、第三、第四四半期にはさらにパフォーマンスを向上させるとさえ予想される。しかし、125日に0.64ドルで取引されていた頃に100ドル分のADAを購入していた場合、今日の投資家としては少し早まった行動だったかもしれない。

このことを視野に入れ、ADAについては5年計画で投資することが見通しの明るい投機となり、多くのデジタル通貨がなかなか成し遂げることができないような良好な暗号通貨のポトフォリオを組むことができるであろう。ADAは、今後1年ではなく5年というスパンで注目する必要のあるコインである。

カルダノが他のコインよりも優れている理由

市場にある他のアルトコインと同じく、カルダノは100%オープンソース分散型プラットフォームである。他のコインとは唯一、一線を画しているのがその進歩的な特長である。カルダノは、他のどのコインも挑んだことのない科学的アプローチに立脚しており、2つの主要な特長であるウロボロスダイダロスによってユーザーに現実生活でのソリューションを提供する。

ウロボロスは、安全なプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-stakePoS)を保証する革新的なマイニングコンセプトである。このシステムによって、ブロックチェーンの適法性が保証できる。カルダノのプルーフ・オブ・ステークには欠陥がなく、ブロックチェーン業界の安全なシステムの1つと言われてきた。

ダイダロスウォレットもその1例であり、カルダノADAプラットフォーム上でスタンドアローンアプリケーションとして使用することができる。ほとんどのコインがユーザーの役に立つインフラに焦点を当てるようになった今、ダイダロスウォレットは、ADAコイン用に設計されたマルチプラットフォームを備えている。この特長があるからこそ、ADAコインの送金や入金、トランザクション履歴の閲覧が可能となる。

カルダノADAの未来は開かれているが

「カルダノは偉大なプロジェクトですが、マーケティング戦略としてはどうかと思います。比較する術もないですが、TronVergeなどのコミュニティを見てみると、ADAに匹敵するものはないものの、マーケティングや売込みがすばらしく、強いて言えば、ADAのコミュニティもそこから学べるのではないかと思います。」

⚠️渡辺さんの翻訳記事の二次利用はご遠慮ください。

記事最下部にSNSシェアボタンを配置しております‼️ポッちっとして頂けると嬉しいです😁

翻訳:渡辺水華さん

https://www.youtube.com/channel/UCCLHMbftUgCjIcQiKeaYG6A

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc

引用元

https://cryptorecorder.com/2018/04/12/cardano-ada-breakout-is-here-brian-kelly-cnbc/amp/

たかっさんLINE

友だち追加

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーリンク

暗号通貨で稼ぐ グダグダ動画3月15日

こんばんわ

もうすぐトンネル抜け出すんかな?

最近、みんなネガティブなんで

そんなに心配してたら

心配で人生損してる人ばかり

引き寄せてしまいますよ!

意識をポジティブに変えて

良い方向へ

最近、バットに押されてるんで

ポジティブ応援頼みます!


LINE友達募集中

カルダノADAが20円を切ってきたし暗号通貨弱含み

こんにちわ

 

結構厳しい状況で

 

みなさん辛いようです

 

LINE@がネガティブな方多いこと多いこと

 

たかっさんは、あんまり気にしてない

 

次はなんで稼いでやろうか

 

そればかり考えてる😀

 

僕はダークサイドな人間なんやろうか

 

ま、後ろ向きになるよりえーやろ(笑)

 

自分が信じて投資したら気にしちゃいけない

 

と思うのでした😀

 

 

▼たかっさん公式LINE@に登録 スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて たかっさんへメッセージが送れる☺️ →https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

 

ついてる‼️ついてる‼️ついてる‼️

はい、みなさんもご一緒に