MOMOの金運アップ研究所

暗号資産の勉強⭐️お金持ちマインド⭐️次世代テクノロジー

MENU

カルダノADAにおける、NFTのビジョンと計画を明かす

ご視聴ありがとうございます!
ももです!
暗号資産の最新ニュースをお伝えします!
是非、最後まで見てください!
よかったらチャンネル登録と高評価の方
よろしくお願いします!
チャールズ・ホスキンソン氏は、
「NFT」に関する新しいビデオの中で、
この分野でのカルダノの将来と、
DeFi全般について語っています。
"我々は最近、Alonzoのために
すべてを整えることについて
多くのことを話しています。
オラクル、安定コイン、DEX、
NFTマーケットプレイスは
非常に大きな問題になっています」
とIOGのCEOが語ったように、
やるべきことはたくさんあります。
ホスキンソン氏は直近では、
プラットフォームをテストするために、
イーサリアムベースの
マーケットプレイスで
2枚のNFTを
チャリティオークションにかけました。
しかし、ホスキンソン氏は最近、
アルゴランド、テゾス、EOSなど、
他のブロックチェーン上の
数多くの
NFTマーケットプレイスも試して、
ユーザーエクスペリエンスや
それぞれの長所と短所を
探っていることを明らかにしました。
現在、プロジェクトカタリストを通じて
資金調達を申請している
NFTマーケットプレイスは、
すでに6社あります。
ホスキンソン氏にとって、
これらのNFTマーケットプレイスは、
単なる投機や
迅速な利益のための
プラットフォームではないはずです。
「私たちにできることは、
その場に現れて、
サポートやアドバイスをすること、
そして場合によっては
カタリストが提供する以上の
資金を提供して、
インキュベーションや
ブートストラップを行うことです。
しかし、実際には、
ビジネスモデルの核心に迫るための
会話が必要なのです。
5年後、10年後、15年後のNFTは
どうなっているのか、
そして、
どのようなビジネスモデルが
成功する可能性が最も高いのか、
といったことです。」
とホスキンソン氏は述べました。
NFTマーケットプレイスの創設にあたっては、
プロジェクト・カタリストが
中心的な役割を果たすことが
期待されています。
カタリストはわずか7ヶ月で
世界最大の分散型自律組織
(DAO)に成長しました。
その結果、DAOは
今年に設定された
すべての目標をすでに超えていると
ホスキンソンは述べています。
しかし、
これを管理することは
困難な作業であることも判明しており、
そのためにIOGは
新たなパートナーを迎え入れることに
なりました。
「また、インキュベーター・アクセラレーターの
要素も検討しており、
資金提供後のアクセラレーション、
インキュベーション、
監査・監督も視野に入れています。
ですから、
今後もそれを推進していくつもりです。
アイスアディス社をはじめとする
多くのパートナーを検討しており、
今後数ヶ月、
数週間のうちに
いくつかの発表を行う予定です。」
とホスキンソン氏は付け加えました。
また、
既存のNFTマーケットプレイスと提携し、
それらをカルダノに移行させることも
一つの選択肢だと
ホスキンソン氏は明かしました。
IOGはすでに
そのための具体的な動きを見せています。
「これらのプロトコルを
クローンするのは簡単ですし、
パートナーになるのも簡単です。
NFTの場合は、
トップ10のマーケットプレイスの
いくつかに声をかけ、
すでにカルダノへの移植を検討し始めています。
なぜそうしないのか?
話は簡単だし、
エンジニアリングのリソースも
必要だからです。
また、他のプロトコルについても
同様のことを行う予定です。
最終的には、
他のDEXやオラクルなどでも
同様のことが起こるでしょう。」
とホスキンソン氏は述べました!
 
以上です!
 
投資は自己責任でお願いします!
最後までご視聴ありがとうございました!