暗号資産GIRL MOMOの金運UP研究所

暗号資産の勉強 ❤︎ お金持ちマインド ❤︎ 金運アップ研究

MENU

チャールズ・ホスキンソン氏が、カルダノのアフリカにおける計画について、エチオピアでの取引以外にも言及している!

f:id:takassan7:20210501110330j:plain

https://richman.hatenablog.com/takassan

ご視聴ありがとうございます!
ももです!
暗号資産の最新ニュースをお伝えします!
是非、最後まで見てください!
よかったらチャンネル登録と高評価の方
よろしくお願いします!

youtu.be

Charles Hoskinson氏は、
プロジェクトとしての
Cardanoにとって
エキサイティングな時期であると
考えています。
カルダノは何年もかけて
インフラの研究開発を
行ってきましたが、
ようやくそれが
実を結びつつあります。
今週初め、
このプロジェクトは、
エチオピア政府、
特に教育省とのパートナーシップを
発表しました。
これにより、
教育分野でのブロックチェーン導入は
史上最大となります。
エチオピアとのパートナーシップでは、
カルダノ上に
ブロックチェーンベースの
教育管理システムを構築します。
教育省は、
ブロックチェーンIDを確保し、
500万人以上の
学生の記録を
保存できるようになります。
さらに、
教師や政府に対して、
改ざん不可能な記録管理、
成績確認、
監視強化を提供します。
さらに、この契約により、
生徒と教師は
専用のインターネット付きタブレットを
手に入れることになります。


続いて、
カルダノは
ガバナンスシステム全体を対象とする


チャールズ・ホスキンソン氏は、
アフリカなどの
重要な発展途上地域が
その成長の鍵を握っていることを
語っています。
最近のインタビューでは、
このようなソリューションがあるからこそ、
彼と彼のチームは
このプロジェクトを始めたのだと述べ、
今回のパートナーシップに
興奮を示しています。
検証可能なIDを持つことは、
その第一歩です。
検証可能なIDがあれば、
ユーザーは
パスポートや
運転免許証を取得したり、
不動産を登録したり、
銀行やローンなどの
重要な金融サービスを
利用することができます。
彼らはこれを
ブロックチェーンで解決したいと
考えています。
今回は
エチオピアの教育分野から
スタートしましたが、
Atala PRISMは
行政サービス全体をカバーするように
展開することも可能で、
他の地域でも
積極的に調査を進めています。
カルダノの創設者はさらに、
IDで終わることなく、
大学への拡張に向けて
プロジェクトを進めていることを
確認しました。
ここでは、
学位をカルダノのブロックチェーン上で
デジタル検証することができます。
これにより、
雇用者が書類を確認することが
容易になります。


続いて、
チャールズ・ホスキンソン氏
次は田舎のコミュニティ!


IOG社のCEOは、
アフリカにおける
教育以外の機会についても
語っています。
その一つが、
デジタルサービス、
金融サービス、
社会サービスへのアクセスを
数百万人に提供することです。
ワールド モバイル グループとの
パートナーシップにより、
このプロジェクトは、
インフラの不足により
長年にわたって
遅れをとってきた農村地域に
接続性をもたらすことを
目的としています。
これらの脆弱なコミュニティは、
特に、
暗号産業全体の
基盤となっている金融サービスを
受けることができませんでした。
同氏は、
カルダノが
ザンジバルとタンザニアで
開始されることを確認し、
クリーンな太陽エネルギーを利用して
インターネット接続を
実現することを
目指しています。
アフリカの農村部に住む
地元のビジネスオーナーは、
カルダノブロックチェーンの
インフラをベースにした
安価なネットワークノードにアクセスし、
コミュニティ内で
アクセスを共有することができます。
これらのネットワークノードは、
インターネット接続の
ローカルリレーとして機能します。
このプロジェクトは、
ここ数日、
アフリカの主要な非営利団体である
セーブ ザ チルドレンとも提携しています。
ADAによる寄付を可能にするだけでなく、
2人は同団体が
運営にブロックチェーン技術を採用する
他の方法を模索しています。


以上です!

投資は自己責任でお願いします!
最後までご視聴ありがとうございました!