暗号資産GIRL MOMOの金運UP研究所

暗号資産の勉強 ❤︎ お金持ちマインド ❤︎ 金運アップ研究

MENU

Littercoin:世界的なポイ捨て問題を解決するためのカルダノプロジェクト!

f:id:takassan7:20210513083035j:plain

https://richman.hatenablog.com/takassan

ご視聴ありがとうございます!
ももです!
暗号資産の最新ニュースをお伝えします!
是非、最後まで見てください!
よかったらチャンネル登録と高評価の方
よろしくお願いします!

youtu.be

ポイ捨ては
現代の問題ですが、
1950年代に
メーカーが使い捨て製品や
プラスチックのような
素材で作られたパッケージなど、
ポイ捨ての原因となる素材を
生産し始めるまでは、
問題になっていませんでした。
過去数十年の間に、
年間800万トンもの廃棄物が
海に流れ込んでいます。
キープ・アメリカ・ビューティフル
が発表した調査によると、
最も多くのゴミが捨てられているのは、
タバコの吸殻、
食品の包み紙、
ペットボトル、
使い捨てカップ、
食料品用袋、
ストロー、
飲料缶、
車の破片などです。
水質汚染の60%は
ポイ捨てが原因であるため、
環境への悪影響は甚大です。
さらに、
ポイ捨てゴミの40%は
野外で燃やされ、
有害物質を大気中に
放出しています。
その影響は甚大で、
ほとんどの場合、死に至ります。
例えば、
廃棄物の不適切な処理の結果、
年間100万匹の動物が飲み込んだり、
巻き込まれたりして
死亡しています。
ゴミによる汚染を食い止めよう、
あるいは元に戻そうとする
個人や組織の努力にもかかわらず、
データ、コミットメント、リソース、
さらに重要なことには、
これを実行するインセンティブが
著しく不足しています。
Littercoinは、
カルダノをベースにしたプロジェクトで、
この状況を変えようとしています。


続いて、
データを集めてLittercoinを稼ぐ


ポイ捨てをなくし、
世界をより良くすると同時に、
暗号化にも取り組むために、
カルダノのプロジェクトでは、
人々がある地域のゴミを
ジオタグ付きで撮影し、
ラベルを付けて廃棄することで、
Littercoinを
獲得できるようにしました。
Open Litter Map(OLM)の開発者である
シーン・リンチ氏は、
クラウドソーシングや
オープンデータの原則を参考にして、
このスキームを考案しました。
地理情報の作成に
プルーフ・オブ・ワークの
概念を導入することで、
世界中のゴミの場所の
データ収集に参加すると、
Littercoinを獲得することができます。
これにより、
人々はカルダノネットワークに参加しながら、
市民科学に参加することができます。
このプロジェクトは、
ゴミのポイ捨てという
問題を解決するだけでなく、
より多くの人々を
リスクのない方法で
暗号化に参加させることができます。
暗号につきものの複雑さを取り除き、
ブロックチェーン技術について
何も知らない人でも
参加できるようになります。
長期的な計画では、
Littercoinの採掘者を、
ゼロ・ウェイストや
循環型経済の
革新的なスタートアップ企業や、
地元企業と接触させることです。


続いて、
50,000ドルの調達を目指す


Littercoinは、
暗号化された
ゴミ収集プロジェクトのために、
5万ドルの資金を集めようとしています。
まず、
Open Litter Map.comの
ウェブアプリを改善するために、
ウェブ開発者が必要です。
開発者には、
バグの修正や新機能の追加のために、
月に4000ドルが与えられます。
3ヶ月間のサービスは
1万2千ドルになります。
また、
アンドロイドとIOSの
ネイティブアプリを
アップグレードするために、
モバイル開発者が必要になります。
これには、
データ収集の体験を
向上させるための
ゲーミフィケーションや
リアルタイムの物体検知などが含まれます。
3ヶ月間のサービスでは、
1ヶ月に4000ドルが支払われ、
期間中は1万2000ドルとなります。
コンピュータビジョンの専門家は、
3ヶ月間、月給4000ドルで雇用され、
全期間で
合計1万2000ドルとなります。
また、Littercoinを
EthereumからCardanoに移行するために、
スマートコントラクトの
エンジニアも必要になります。
開発者には、
1~2ヶ月の期間で
月に1000~2000ドルが支給されます。
グラフィックデザイナーには、
ブランディング向上のために
2カ月間で月2000ドルが与えられ、
2000ドルは
プロジェクト管理に、
5000ドルは
オーバーヘッドや雑費に
割り当てられます。
リンチ氏は、
このプロジェクトが、
暗号通貨が
長年抱えてきた悪い評判を
変えることになると信じています。
暗号通貨は、
環境に悪いという評判があります。
しかし、
世界がこれまでに
経験したことのないような、
グローバルなデータの
迅速な作成や清掃イベントの
インセンティブになるとしたら
どうでしょう?
このプロジェクトは、
人々を巻き込みながら、
暗号通貨のポジティブな側面を
紹介することで、
長年のポイ捨て問題を
軽減することが期待されています。
ニュースは以上です!
私もよく道歩いてるときに
空き缶とか食べ物の袋とか
ポイ捨てされてるのよく見かけるんですけど
ポイ捨てって本当に
環境にもよくないし
ゴミが落ちてるのをみると
気分も落ちますよね、、
ポイ捨てを解決して
世界がより良くなり
リターコインを得られるなら
一石二鳥ですよね!
街にゴミがないキレイな環境を
目指しましょう!


以上です!

投資は自己責任でお願いします!
最後までご視聴ありがとうございました!