MOMOの金運アップ研究所

暗号資産の勉強⭐️お金持ちマインド⭐️次世代テクノロジー

MENU

XRPをメインネットに統合して収量農業を実現へ!

f:id:takassan7:20210412080851j:plain

https://richman.hatenablog.com/takassan

ご視聴ありがとうございます!
ももです!
暗号資産の最新ニュースをお伝えします!
是非、最後まで見てください!
よかったらチャンネル登録と高評価の方
よろしくお願いします!

youtu.be

ワンチェーンのCEOである
ジャック・ルー氏は、
XRPトークンが
同社のエコシステムの
一部になることを確認する動画を
Twitterで公開しました。
このプラットフォームを通じて、
ユーザーは、チューリング
完全なスマートコントラクトを用いて、
リクイディティマイニングや
イールドファーミングを行うことが
できるようになります。
分散型アプリケーションとしては、
分散型取引所「ワンスワップ」
「ワンドレンド」と呼ばれる
融資を受けることができる
金利の自律型プロトコル、
オプションプラットフォーム
「フィン ネクサス」などが利用可能になります。
さらに、ユーザーは
EOS、Ethereum、Bitcoinなど、
ワンチェーンが統合された
他のブロックチェーンを活用することが
できるようになります。
ワンチェーンの展開は、
そのCEOが共有した発表によると
「数日後」とのことです。
同氏は、XRPコミュニティを
暗号空間で最も情熱的なものの一つと
呼んでいるといいます。
「すべてのXRPホルダーに
歓迎の意を表したいと思います。
私たちと一緒に、
新しいDeFiの世界を築いていきましょう。」
とルー氏は述べました!
続いて、
イーサリアムとのXRPの互換性
ワンチェーンは、
プライベート、パブリックを問わず、
すべてのブロックチェーンをつなぐことで、
分散型金融を修正することを目的とした
プロジェクトです。
そうすることで、
DeFiのメリットを
メインストリームに導入することを
加速させたいと考えています。
彼らのネイティブトークンは
WANとなり、
ユーザーは
クロスチェーンステークスを行うことで
報酬を得たり、
ブロックリワードを獲得したり、
トークンを委譲して
利回りを得たりすることができ、
さらに多くの機能を提供する予定です。
3月末、ワンチェーンのチームは、
XRPと彼らのEthereumテストネットとの
互換性を発表しました。
こうして彼らは、
リングビー イーサリアム プルーフ・オブ・ステーク・
ネットワークと
XRPレジャー プルーフ・オブ・ステーク・ネットワークの間の
クロスチェーンブリッジを可能にしました。
チームはこう述べています。
「言い換えれば、
ワンチェーンの
ストアーマンノードのおかげで、
XRPはこれら3つのネットワーク間を、
真に分散された方法で
自由に行き来できるようになりました。
さらに重要なことは、
XRPトークンの保有者は、
XRPを実用化し、
世界の多くのDeFiアプリケーションに
参加する準備ができているということです。」
と述べました!
ワンチェーンチームによると、
これらのブロックチェーン間の統合は、
21の "真の分散型 "ノードで構成された
ワンチェーン ストアーマン グループ(WSG)
によって実現されているといいます。
したがって、
ユーザーが
XRPの資産をETHに移したいと思ったとき、
WSGは
資金をXRP Ledgerのアドレスに送り、
"ロックイン "します。
その後、
ERC20/WRC20ブリッジを介して
イーサリアムで
wanXRPトークンが鋳造されます。
WSGは、
ユーザーが取引を取り消したい場合、
wanXRPトークンを燃やします。
チームはさらにこう述べています。
「このようなトランザクションが必要な場合、
同じストアーマン グループが、
オリジンチェーン上の
wanXRPを燃やすと同時に、
デスティネーションチェーン上で
新しいwanXRPを鋳造します。」
と述べました!


以上です!
投資は自己責任でお願いします!
最後までご視聴ありがとうございました!